自由設計の意味

自由設計というと、フルオーダーの注文住宅を想像する人が多いです。また、似たような単語に、フリープランや企画住宅という用語もあります。自由設計とは、ベースになる企画商品の設計プランを顧客がカスタマイズすることができる住宅という意味で自由設計という名前が付けられていることが多いです。カスタムがどこまでできるのかは、会社によって様々です。決められている一部からカタログ注文するだけという会社もあれば、構造にかかわらない限り、かなり自由に変更や設計を行なうことが出来るという会社もあります。また、さらに中には自由設計の名前通りに全ての設計を自由に行なうことができるという会社もあります。自由設計には、様々な意味合いが含まれているので、意味を確認して自分たちの希望に合った会社を選ぶことが大切です。

注文住宅は、建売受託の対義語として使われることが多いです。完成品を購入するのではなく、契約を交わしてから建築することが大きな特徴で、建て主が自分の好みやライフスタイルに合わせて、間取りが使用決まっているモデルプランに変更を行なうというものです。ある程度自由に決めることができるので、とても人気があります。しかし、注文住宅という名前で自由設計の会社もあります。会社ごとに独自の解釈で利用されている表現ということもあり、会社によってそれぞれ意味が異なることもあります。会社によってどのような意味で言葉を利用しているのか、予め確認を行なうことが大切です。